直線上に配置

自宅紹介
Profile
リンク集
Q&A
業務内容
設計事例
TOP
お問合せ
直線上に配置

住宅設計に携わってきて、要望が多いものとして床暖房があります。
床暖房を導入する際にネックになるのがコストです。

一般的に、電気式と温水式で比較すると、イニシャルコストは電気式の方が
安い、ランニングコストは温水式の方が安いと言われてますが
それでも
十分高いと思います。

IHヒーター、エコキュート等の普及により、オール電化住宅の設計が最近多く、
そんな時に出会ったのが蓄熱式の電気暖房機でした。

昼間の約1/3以下の電気代で使用できる深夜時間帯電力を利用して
蓄熱体のレンガ材に熱を蓄え、徐々に熱を放熱する経済的な暖房器です。

火気を使用しないため安全、燃焼ガスの発生もなく、部屋の空気を汚さない、
ふく射熱となって部屋全体を暖めるといった長所があり、高断熱住宅で
吹抜のある広いリビング等でも十分な効果が発揮出来ました。

これを床下を暖める床暖房の熱源として使用したら、床暖房の欠点である
イニシャル・ランニングコストを抑えられると確信し、「鵠沼海岸Yハウス」で
取り組んだところ、予想以上の良い結果が実証されましたので、
今後もオール電化住宅には、積極的にお奨めしようと思っています。

ベタ基礎の上に据えた暖房機は従来の温水・電気式床暖房と違い、床下全体を暖め、
蓄熱コンクリート(ベタ基礎)に熱が蓄えられ、室温が低下するとゆっくりと放熱します。

一方、熱をコンクリートに伝えたあとの暖かい空気は、床吹出し口から室内に出て、
吹抜や階段を通って2階にも昇っていき、家全体の気温差を少なくします。

システム自体が空気の自然な流れを利用しているので、複雑な機械設備が無く、
将来的に大きなメンテナンスも不必要。
床下蓄熱暖房機の仕組み

40坪位の住宅なら2台設置で家全体の暖房でき、材工で約40〜50万円。
1台でLDKのみであれば材工で約20〜25万円です。

費用は、

システム概略は、

蓄熱暖房器